鎌田院長のダイエット日記

ホノルルマラソンその後
ノルルマラソン参加宣言をしてから患者様からよく「先生、調子はどう?」「本当に走れるの?」「その為にダイエットしないと危ないわよ?」など暖かい励ましのお言葉(?)を多々いただきましたが、大方の予想通りとなりました。

2006ホノルルマラソン参加断念です。というのも、一緒に走ってくれるといっていた2人が、一人は体の不調、もう一人は網膜剥離で戦線離脱してしまいました・・・。

一人でもと参加を考えたのですが、メタボリックシンドロームを抱えている身では何か起こる可能性が高く、妻にも止められてしましました。無念のリタイアです。

しかし、2007年にはと決意を新たにしていますので、これからもよろしく応援してくださいね。           

ホノルルマラソン参加宣言

宣言、
2006年のホノルルマラソンンに参加したい!と最近とみに思っています。その為には痩せなきゃと思ったのが最初のきっかけです。
その当時身長百六十五cm・体重は七十四kg・体脂肪率三十%・血圧百五十〜九十四、完全なる高血圧高脂血症、コレステロール二百七十で知り合いの女医さんからは、コレステロールを下げる薬を処方されましたしかし絶対に薬は飲みたくなかったので、
なんとか運動と食事制限で治せないでしょうか。」
言ったら冷たく
もうそういうレベルではない。」
言われてしまいました。
しょうがないので、自分でサプリメントや食事に気を付け、朝晩一時間ずつウォーキング、週三回は水泳で一時間泳ぐようにしたら一ヶ月で一kgぐらい体重が下がりはじめ、今では六十七kgで七kgの減量に成功、血圧も百三十〜八十ぐらいに下がり、身が軽くなりました。ついでに頑固な肩こりも軽減しましたが、コレステロールが減らない。これは多分食事の質だろうと思います。これからは、野菜中心にしようかな。うまい具合、今年中にあと五kgおとしてからジョギングにかえよう。
今年は情報収集に行ってこようかな、ホノルルへ・・・

 大変だっ、恐れていたリバウンドか・・・

 ようやく朝晩とすごしやすくなった今日この頃、一気に六〇kg台にもどすことができた先月、患者さんからは「先生すご〜い。」「痩せたんですってね。」などの反響をたくさん頂き、気分爽快・スリムめざしてと意気込んではみたものの、週末は研修会や出張、木曜日も会合やプライベートな用事も重なり、ウォーキングは毎日続けているにもかかわらず、水泳に行く時間がとれず、ほとんど泳がない日々が続くと、あらあらてき面、あっという間にプラス2kgうぅ〜ん、いかんいかん、これが世にいうリバウンドか・・喜んだのもつかぬ間、このままではまた元の木阿弥、せっかくこうやってニューズレターの一面で有言実行したのだから、がんばらねば・・・
かろうじてまだ六〇kg台はキープしているので、突破しないように時間をつくって水泳に通おうとあらたに決意しました。
ちなみに、お昼の食事は宅配のヘルシーランチにかえてみましたが、いまのところは効果なし、食欲の秋なのでなにを食べても美味しい。最近のカロリー計算されたヘルシーランチはなかなかいけますよ。

?鎌田院長のダイエット日記?
  現在、ダイエットの停滞期中・・・ 先月から続いている停滞期を克服するために、どうするべきかいささか悩んでいたところ、日曜日の夜テレビで放送されている「あるある大辞典」で、毎日たった三分の運動で痩せるという番組をたまたま見て、「これだ!」とすぐさま運動開始。その名は「新有酸素運動」
ごらんになった方もいらっしゃると思いますが、アメリカのフィットネスクラブでは、皆が円になり三十秒ずつその運動を繰り返し行い、半年で数十キロの減量に成功した人が続々!サーキットダイエットと呼ばれているそうです。簡単に説明すると、有酸素運動と無酸素運動を三十秒ずつ交互に三回ずつ行います。その方が、疲れにくい上に血流を良くし体温上昇と心拍数アップにつながり、身体が活性化し    痩せやすい体質になるのです。有酸素運動ばかりよりも、早く脂肪の燃焼が始まるそうです。現在、継続中です。

ホノルルマラソン参加宣言!
 二〇〇五年、院長のダイエットは限りなく失敗に近い成功に終わりました。 七十四sあった体重が一時六十七sまで下がり、ガッツポーズがでたのもつかのま、すぐリバウンドに見舞われ、あっという間に七十sにいたり今はなんとかその体重維持ができている状態です。なぜ、十キロの体重減ができなかったのか、それはひとえに目的がなかった為、ということに気づきました。何のためにダイエットするのかということ、それと期限を決めるということがなかったのも原因です。そこで、私は考えました。ダイエットの目的をホノルルマラソンを走ることのためというふうにしたらと。患者さんの中で昨年のホノルルマラソンを完走した方がいらっしゃいます。そこで私も一念発起!ただし一人で走るのは不安なので、院内で募集したところ、多田さんが名乗りをあげてくれました。(やった〜よかった。)この四月から具体的に準備に入る予定です。経過は随時皆様に報告いたします。ので夜露死苦八九!!