磁石式入れ歯と歯根インプラント
1.磁石式入れ歯ってなに?

歯根に磁性金属をとりつけ、入れ歯に磁石を埋め込む入れ歯です。

磁石の力で入れ歯がピッタリ吸着する快適な入れ歯です。

現在、歯が抜けた時の最良の治療法はインプラントです。でも骨量が少ない等の問題でインプラントが植立ででない時、次の選択肢の1つとしておすすめするのが、磁石式入れ歯です。



2・どんな利点があるのですか

@ピッタリ固定してよく噛める

A取り外しも簡単で手入れも簡単

Bバネがないので見た目が入れ歯を感じさせない

C虫歯でぐらつき始めた歯でも、歯を抜かずに歯根を利用できます。そして自分の歯で噛むことができるのです。



3.ぐらつき始めた歯を使ってもすぐ取れててしまうのでは?

歯冠の部分を削るので、歯に対する負担がとても小さくなります。また、磁性金属を埋め込んだ歯根に無理な力が加わると、すぐに磁石がはずれるようにできてい るので 歯は次第に安定していきます。しかし、かなり残すのに厳しい歯を使った場合は数年でとれてしまうこともあります。ただし、磁石を使うことで、入れ歯をかなり小さくすることができるため相当違和感が少なくなります。磁石式入れ歯で入れ歯に慣れることができるので、歯根が取れるころには磁石がなくても入れ歯に対する異物感も少なく、入れ歯を粘膜で保持することができます。



4.従来の入れ歯のバネは歯によくないの?

よくありません。

入れ歯のバネをかけた歯は、入れ歯の着脱でいつも負担を強いられています。

あたかも、バネで歯を抜くような「栓抜き現象」を繰り返すことで、いつのまにか、バネをかけた歯は、グラグラ動くようになるのです。従来の入れ歯のやり方では、グラグラの歯を抜いてその隣の歯に改めて、バネをかけ、新しい入れ歯を作ります。

こうして、だんだん総入れ歯になってしまうのです。



5.インプラントを使った磁石式入れ歯ってなに?

歯根がとれてしまったり、歯がない場合歯根インプラントを埋めて、それに磁性金属をとりつけ、磁石を埋め込んだ入れ歯を使用することもできます。



6.費用は?

お手持ちの入れ歯を修理するだけで、磁石式入れ歯をつくることもできます。

磁石は、一個50,000円(税別)です。



7.治療期間は?

普通の義歯治療にかかる時間と、ほぼ同じくらいです。



カマタ歯科クリニックTOP