当院の矯正治療の特徴
治療期間が短い
歯は基本的には抜きません

それはアメリカの新技術を導入
している為期間を短くでき、
その結果安く治療することが可能になったのです。
詳しくはQ&Aをお読みください。
Q&A 矯正


矯正は何歳くらいから始めればよいのですか。

 不正咬合に気がついたらすぐに、当院にご相談下さい。治療の開始時期は、症状により異なりますが、治療を受ける聞分けがあり、年齢が小さいほどよいでしょう。成長期のお子様は成長発育を利用できますので治療がスムーズに進みます。また、成人矯正の場合、当院では65歳の方が治療された例もあり、年齢の上限はありません。



歯並びが悪いと見た目以外にどんな影響があるのですか。

見た目(審美)はとても大きな要素で口元がきれいになると自信がもて、精神衛生上大いなるプラスをうみます。機能的には、歯並びや咬み合せが悪いとうまくブラッシングができないため虫歯や歯周病をおこしやすくなります。また、特定の歯に負担がかかり歯や歯肉、さらには歯を支える骨まで悪影響を及ぼし、歯が長持ちしません。上手く食べ物をかむことができず、あごの関節に負担がかかり、口が開きにくかったり、関節音がしたり、痛みがでることもあります。



費用はいくらくらいかかりますか。

矯正治療は一般的に保険がきかないため自費となります。

当院では一律80万円[消費税別]です。

歯並びに関する治療においては装置を何度かえても来院回数が増えてもその他の費用は一切頂きません。(ただし、月1回調整料を頂きます。消費税別で5,000円になります。)

また、分割支払いも可能です。

ただし、治療途中、あるいは治療後に虫歯や歯周病の治療が必要な場合は矯正治療とは別ですので保険負担金をいただきます。



期間はどのくらいかかりますか

 歯を動かすのはおよそ一年半です。

 機能性を重視した上で歯を抜かず、会話や笑顔の際目で見える部分の審美を最優先します。長期の治療は患者様の負担になりますので、形状記憶合金を使った矯正線を用い期間を短縮しております。

ただし、「後戻り」を起こさないための経過観察、虫歯、歯周病をチェックするための定期検診クリーニングは4ヵ月から6ヶ月ごとに来院いただきます。

また、お子様の場合、矯正治療が終了しても大人の歯が生え揃うまでは定期的に観察していきます。



矯正治療中はどの程度通院が必要ですか?

装置をつけ初めの一ヶ月は一週間に1〜2度、その後は経過観察、お口のクリーニングに一ヶ月に一度位の通院をしていただきます。



矯正治療では見た目に抵抗があるのですが・・・

 矯正装置(ブラケットやワイヤー等)に白い色のものがでています。白い装置よりも金属を使用したほうが装置もはずれにくく、期間も短くなりますが、見た目が悪い為、前歯部は白いブラケットを使用しています。見た目(審美)と矯正力から見え易い前の歯には白いブラケットをとりつけワイヤーは金属を使用するのが現在の矯正治療においては一番良いと考えております。

又内側(舌側)に矯正器具をつける方法もあるのですが、舌感や治療期間が長引く為、現在は行っておりません。当院では、基本的にブラケットは白いものをワイヤーは金属を使用します。希望によりブラケットの変更は可能です。



矯正をしようかどうか迷っているのですが、相談はできますか?



当院ではカウンセリングを十分に行います患者様が納得された場合、治療を開始致します。歯の型やレントゲン・お口の写真等をお撮りし、それらの資料を基に相談をお受けしております。金額的には3000〜5000円位です。

電話にて予約を入れて下さい。



カマタ歯科クリニックTOP